リョーキは品質力、商品力、即応力

株式会社リョーキ 建設・産業機械、環境リサイクル機器、福祉用具のレンタル、販売 | 株式会社リョーキ

営業所へ

会社概要

正式社名
株式会社リョーキ
設立
昭和40年9月13日
資本金
2億9,617万円
自己資本
130億円(平成30年6月決算)
従業員数
650名(平成30年11月現在)
代表者
代表取締役 森川 英樹
本社
〒733-0001
広島市西区大芝3丁目15番24号 MAP
TEL 082-237-4450(代表)
〈登録〉建設荷役車両特定自主検査 登録検査業者 広島第15号

広島県・島根県・福岡県・山口県・兵庫県・埼玉県・鳥取県・レンタカー協会会員
一般社団法人 日本建設機械レンタル協会会員
古物商許可 広島県公安委員会 第731020900064号

支店・営業所一覧はこちら

主要取引銀行
広島銀行 もみじ銀行
事業内容

建設機械事業部

  • 建設機械・産業機械・トラック・ダンプカー
  • 発電機・コンプレッサー
  • 高所作業車
  • 測量機・計測器

環境機器事業部

  • 産業廃棄物処理機械
  • 移動式ふるい分け機(土石・土砂の選別)
  • 移動式廃棄物処理機
  • 多目的廃棄物処理機
  • 木材シュレッダー(バイオマス用)
  • プラントエンジニアリング(設計・施工)
  • 産業廃棄物処理プラント
  • 骨材製造プラント
  • 水処理設備
  • 土質改良機

介護事業部

  • 福祉用具の卸レンタル(電動ベッド・車いす)
  • 福祉用具の卸販売

海外事業

  • 建設機械(掘削機、ローラー)の輸出[ユーズド]
  • 発電機・コンプレッサーの輸出[ユーズド]
  • 各種移動式選別機、破砕機の輸入

沿革

1965年
三菱重工(株)、新菱会社の意向により、三菱産業用エンジンの量販店として広島菱機(株)を設立
1966年
川崎重工業(株)の特約代理店となる設計・技術部門を強化、プラントエンジニアリング事業に進出(現・環境機器事業部)土木建設機械の貸与事業を開始
1971年
川崎重工業(株)の中国破砕機センターの管理・運営業務の委託を受ける
1973年
山陰地区へ出店開始
1977年
社名を株式会社リョーキに変更
1986年
広島サービスセンター開設
(現・本部サービス工場 中国地区を管轄するメンテナンス基地)
1988年
高所作業車グループ開設
中国地方初、無足場工法に特化したレンタル車両を導入
1992年
山口県、北九州地区に出店開始
1993年
米国テレックス社(パワースクリーン)と業務提携
関東地区に出店開始(2010年 移動式選別機 累計日本一の納入実績)
1995年
近畿地区に出店開始
1997年
志和物流センターを開設(現・広島志和工場)
2003年
測器本社 ISO9001認証取得(審査機関:KHK-ISOセンター)
2004年
福祉介護事業部開設
環境先進国であるドイツ ベコプラン社と契約、日本総代理店となるさいたま物流センターを開設(関東地区を管轄するメンテナンス基地)
2007年
九州物流センターを開設(北九州地区を管轄するメンテナンス基地)
2010年
阪神サービス工場を開設(近畿地区を管轄するメンテナンス基地)高性能林業機械取り扱い開始
2011年
介護福山店、介護松江店を開設
2012年
介護岡山店、介護山口店を開設
2013年
介護本店を広島市西区商工センターに移転開設
2014年
下松営業所、周南営業所、さいたま南営業所を開設
2015年
川口営業所を開設
2016年
呉営業所、八幡南営業所を移転開設。広営業所、郷原物流センター、神戸中央営業所を開設
2017年
三次営業所を移転開設
2018年
三隅出張所を開設
  • 建設機械レンタル事業
  • 環境機器事業
  • 福祉用具レンタル事業
  • 新卒採用情報
  • 中途採用情報
×